ジャーブネットとは -日本最大のネットワーク-

ジャーブネットは、「匠の心」で、日本の家づくりを変えます

ジャーブネットについて

ジャーブネットは、アキュラホームが主宰する全国約450社の地域工務店やビルダーが参加して作り上げた、日本最大のホームビルダーネットワークです。

日本最大のホームビルダー集団「ジャーブネット」を主宰するアキュラホーム。

ジャーブネットは、アキュラホームが主宰する日本最大のホームビルダーネットワーク集団。全国の地域工務店やビルダー約450社が参加して作り上げた、全く新しい形の住宅ブランド。ジャーブネット参加企業はすべて独立自営で、それぞれが地域に密着した「家づくりの専門家」です。

「ジャーブネット」は住宅業界の構造改革に挑戦する全国組織。

アキュラホームが主宰するジャーブネットは、住宅合理化システム「アキュラシステム」を導入した全国の地域工務店・ビルダーを結ぶネットワーク組織。現在では、住宅供給団体としては日本最大となる約450社以上が参加し、それぞれ独立自営のビルダーが主体性を持ちながら、先進の技術や最新の住宅関連情報を共有化。地域に根ざしたホームビルダーならではの活動に、全国規模のスケールメリットを取り入れることで、家づくりにおける効率化とコストダウンを達成しています。アキュラホームは、品質・デザイン・価格バランスのいい適正価格の家を全国450社の地域工務店とともに普及させていきます。

>> ジャーブネットの公式サイトへ

JAHBnet=ジャパン・エリア・ホームビルダー・ネットワーク。

アキュラホーム主宰で1998年に発足した工務店ネットワーク"アキュラネット"。地域密着型工務店のネットワークは2005年9月、「ジャーブネット」として生まれ変わりました。大手ハウスメーカーなみのスケールメリットをもった地域密着型の住宅会社"マイ・ホームビルダー"に、不動産・金融・住宅設備・物流など様々な住宅関連会社を組織化した新・連携の"住"ネットワークを構築。"住"に関わるあらゆることをトータルに提案できる、ワンストップ型の地域密着サービスの実現を目指しています。

日本最大のネットワークによるスケールメリットを最大活用。

ジャーブネットは、全国約450社の地域密着型工務店・ビルダーが、良質な住まいをより安く提供するために集まった日本最大のホームビルダー集団です。全国規模のスケールメリットを活かした資材や設備の共同仕入れ、販売促進ツールの共有、商品開発、共同で行う広告宣伝などにより、トータルなコストダウンを行っています。

スケールメリットを活かしたコストダウン

住宅供給棟数「FC・VC部門NO.1」の実績

80,000棟達成 2009年度にはジャーブネット会員全体で年間8,375棟を受注し、住宅を供給するフランチャイズ・ボランタリーチェーンにおいて8年連続No.1(※ 1)の供給実績を誇ります。この新しい家づくりのしくみは、新聞や雑誌などマスコミ各誌が報道。また、経済産業省の次世代省エネ住宅普及促進事業研究会や、工務店経営検討委員会などにも招聘され、合理的な住宅供給スタイルとして注目されています。







※1-2009年(株)住宅産業研究所調べ


8年連続リーディングブランドを達成。 2009年度全木造住宅供給戸数ランキングで、
ベスト5入り!

実物大耐震実験で「強さを実証」。

実物大耐震実験で「強さを実証」。 ジャーブネットは、実物大の建物を建て耐震実験を公開。
日本最大級の地震波を連続実験した結果、震度7クラスの激震にも損傷なく、高い耐震性能が実証されました。